令和元年9月「素晴らしいことがたくさん起こっています」

碧南の歴史の中で初めての素晴らしいことがたくさん起こっています

市民の皆様、残暑厳しい中、充実した毎日をお過ごしのこととお喜び申し上げます。

今回のCSメッセージでは、碧南市に関して、最近、歴史上はじめての事項が多くありますので、市民の皆様と以下、共有したいと思います。
碧南市消防団が2018年度に愛知県消防操法大会の小型ポンプ操法の部で優勝し、碧南の消防組織結成100周年目において、初めて消防操法の全国大会に出場し、敢闘賞を受賞しました。また、2019年度の愛知県消防操法大会においてもポンプ車操法の部において碧南市消防団が優勝し、2年連続となりましたが、これも碧南の歴史の中では初めてのことです。(碧南市消防団は、過去64回行われた愛知県消防操法大会で通算3回優勝しています)
2017年から毎年、碧南市に本社を置く株式会社古久根が市内在住の書家森脇友理さんとのコラボにより製作した鋳物作品を伊勢神宮内宮に奉納されています。通常伊勢神宮は五穀豊穣の神とされるため、五穀以外は奉納されないところを、鋳物に高度な芸術性を加えたことにより、奉納を許可されたとのこと。この件は碧南市では初めてですが、日本の歴史上でも大変珍しいことです。
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の出場に大きな期待のかかる碧南ゆかりの選手は、豊田自動織機所属のセーリング49erFX級の板倉広佳さん、トヨタ自動車ビーチバレーボール部所属の白鳥勝浩さん、石島雄介さん、西堀健実さん、溝江明香さん、橋本涼加さん、豊田自動織機女子ソフトボール部(Shining VEGA)に所属の洲鎌夏子さん、パラカヌーの加藤隆典さんの8人です。碧南市の歴史の中で、これだけ多くの方がオリンピック・パラリンピックの出場候補となっているのは初めてのことです。
碧南市出身の中村優花さんが、平成31年3月28日に東京都港区赤坂で開催された全国のミスキャンパスの中から日本一を決定する「Miss of Miss Campus Queen Contest 2019」において最高賞であるグランプリを獲得しました。過去、碧南市出身でこの種の大会で全国一になったことはありませんでした。中村さんには今年7月1日から「へきなん広報大使」になっていただきました。
西端小学校の児童が、今年7月22日(月曜日)にポートメッセなごや(名古屋市)で開催された第54回交通安全子供自転車愛知県大会において16年連続の優勝し、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される全国大会に出場しました。西端小学校としては、今回で22回目の全国大会であり、平成27年度には全国準優勝しています。同一の種目で16年連続で県大会に優勝しているのは、碧南市では、ヨット競技以外ではおそらくないと思います。
ミシュランガイドというレストランやホテルを評価する大変権威ある書物があります。このガイドに掲載されることは非常に名誉あることですが、最新版に碧南市内の一灯(日本料理)、小伴天(日本料理)、楽(焼き鳥)、トレローゼ(ピザ)の4軒が掲載されています。このことも過去の碧南市の歴史では初めてのことです。ちなみに西三河では、岡崎市20軒、刈谷市1軒、安城市6軒、豊田市14軒、西尾市1軒が掲載されています。
私が令和元年度の愛知県市長会会長に就任しました。また、この8月より2年間の予定で愛知県国民健康保険団体連合会の理事長に就任しました。さらに、碧南市立大浜小学校の中谷校長が、愛知県小中学校長会会長に就任しました。比較的規模の小さい碧南市が、過去このような役職に就くことはありませんでしたので、大変名誉なことであり、その重責を一生懸命に全うしてまいります。

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 総務部 経営企画課 広報戦略係
広報担当 電話番号 (0566)95-9867

総務部 経営企画課 広報戦略係 広報担当にメールを送る

更新日:2019年09月04日