碧南市プレミアム付商品券

碧南市プレミアム付商品券 参加店募集

10月1日からの消費税・地方消費税10%への引き上げによる子育て世帯及び住民税非課税者の消費に与える影響を緩和するとともに、地域における消費の喚起及び下支えを目的に「碧南市プレミアム付商品券」を発行します。つきましては、商品券が使用できる参加店を次の通り募集します。

 商品券概要

プレミアム付商品券概要

発行予定額

最大で2億5,000万円(2億円+プレミアム分5,000万円)

価格

1冊5,000円(額面500円券×10枚綴り)を4,000円で販売

販売対象

子育て世帯(平成28年4月2日から令和元年9月30日までに生まれた子の人数分購入可)、住民税非課税者(課税者に扶養されている人などを除く)

商品券使用・換金期間

商品券使用期間:令和元年10月1日(火曜日)から令和2年3月31日(火曜日)まで

商品券換金依頼期間:令和元年10月1日(火曜日)から令和2年4月10日(金曜日)まで

発行団体

碧南市

運営主体

碧南市プレミアム付商品券事業委員会

 

1.参加店の資格

市内において小売業(製造小売業を含む)、飲食業、理美容、旅館業等の各種サービス業及び運輸通信業(旅行業を含む)を営む者で、本商品券の事業に参加を希望する事業所。

※特定の宗教・政治団体や反社会的勢力と関係がある場合や、公序良俗に反する業種は対象外です。

 

2.参加店の負担

参加登録料及び換金手数料 : 無料

※参加登録の申請及び商品券の取り扱いに当たって要する経費は、参加店の負担とします。

※参加店には、後日、店舗に設置するためのポスター等を配布します。

 

 

3.登録申請方法

次のいずれかの方法で申請して下さい。

(1) 申請書による・・・郵送、持参またはファックスで事業委員会へ提出

   プレミアム付商品券参加店登録申請書(PDF:270.6KB)

(2) 電子申請による・・・あいち電子申請・届出システムへの登録申請入力

       あいち電子申請・届出システム(碧南市プレミアム付商品券参加店登録申請)

        (システム利用者登録せずに申込みできます。

        「利用者登録せずに申し込む方はこちら」から入ってください)。

        QRコード

                 

 

4.申請期限

令和元年6月28日(金曜日)

 

5.問合せ・提出先

碧南市プレミアム付商品券事業委員会事務局(碧南市役所商工課内)

〒447-8601 碧南市松本町28番地 TEL:0566-95-9894 ファックス:0566-41-5412

 

6.その他

(1) 商品券の取扱い及び責務

ア 参加店は、商品券を持参した者に対し、使用期間内に限り、券面記載額相当の物品の販売、サービス等を行う。ただし、換金性の高いものなど、一部の物品及びサービスは対象外とする。

【商品券使用の対象とならないもの】不動産や金融商品、たばこ、ギフト券やプリペイドカードなどの換金性の高いもの、風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業において提供されるサービス、税金や使用料などの公租公課

イ 釣り銭は出さない。

ウ 通常の注意をもってすれば偽造及び変造されたものと分かる券、不正に使用されていることが明らかな場合は、受け取りを拒否するとともに、直ちに事業委員会に通報する。

エ 受け取った商品券は、再流通を防止するため、券面の右上隅を破線に沿って切り取るとともに、商品券裏面に店名(ゴム印も可)を記入する。

(2) 換金の方法

取引により商品券を獲得した参加店は、事業委員会が指定する換金依頼先金融機関(愛知県中央信用組合の碧南市内本支店)に当該使用済商品券を持参し、所定の換金依頼書を添えて換金を依頼する。依頼を受けた金融機関は毎週金曜日に締切り、締切日から2週間程度で参加店が登録申請時に登録した口座へ振込みをする。

(3) 交換、譲渡及び売買の禁止

参加店は、商品券の交換、譲渡及び売買を行ってはならない。また、売買によらない商品券の換金又は当該参加店に持ち込まれた商品券の自己消費は行ってはならない。

(4) 登録の取消し

参加店がこの要項に違反する行為を行った場合又は発行団体において本事業の目的達成の妨げとなる行為と認められる場合は、当該参加店の登録を取り消すことができる。

プレミアム付商品券参加店募集チラシ(PDF:341.9KB)

 

配偶者からの暴力を理由に避難している方へ

◎配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により平成31年1月1日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができていない方は、今お住まいの市区町村へ申し出ていただくと住民票がなくても特例となり、以下の措置が受けられます。

1. 手続を行った方の分の購入引換券は、配偶者からの代理申請があっても交付しません。

2. 学齢3歳未満のお子さまがいる世帯の世帯主分の購入引換券は、手続きを行った方がお子さまを同伴している場合、世帯主(配偶者)ではなく、手続きを行った方に交付します。

3. 住民票がある市区町村と今お住まいの市区町村が異なる場合は、今お住まいの市区町村に購入引換券の交付の申請を行うこととなります。

4. 平成31年1月1日以前に配偶者と生計を別にしている場合は、配偶者に扶養 されていないものとみなし、配偶者が課税者であっても、手続を行った方の課税状況に応じ、購入引換券を交付します。

平成31年1月2日以降に配偶者と生計を別にした場合は、平成31年1月1日における扶養関係を元に、購入引換券を交付するか判断します。

 

◎詳しくは、次の広報チラシで手続きについてご確認ください。

DVで避難している方へ(PDF:330KB)

◎購入対象者となる場合は、申出書と確認書類等を今お住まいの市区町村へ提出してください。

DVで避難している旨の申出書(PDF:217.2KB)

 

※申出期間:令和元年5月27日から6月7日まで。

期間を過ぎても申出書を提出することはできます。ただし、申出いただいた旨の連絡が住民票がある市区町村に届いた時点で、すでに購入引換券が配偶者等に対して交付されてしまっている場合、申出した方への交付はできませんのでご留意ください。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 経済環境部 商工課

  • 商工観光係 電話番号 (0566)95-9894
  • 企業応援係 電話番号 (0566)95-9895
  • 企業誘致係 電話番号 (0566)95-9895

経済環境部 商工課にメールを送る

更新日:2019年05月30日