特定外来生物「ヒアリ」

平成29年6月27日に名古屋港の鍋田ふ頭コンテナターミナル(弥富市)で発見されたアリが、特定外来生物の「ヒアリ」であると確認されました。

碧南市内では現在、発見されておりませんが、人体への被害を及ぼすこともあるため、ご注意ください。

ヒアリの特徴

ヒアリ画像
  • 体長 2.5mm〜6.0mm
  • 全体的に赤茶色(腹部は濃い赤色で黒っぽく見える)
  • お尻には毒針
  • 巣はドーム状のアリ塚(農耕地や公園など、開放的な草地、裸地に多い)

人への影響

ヒアリの毒への反応は人によって大きく異なります。強い痛み、かゆみ、発熱等のほか、呼吸困難や意識を失うこともあります。
急激に容体が変化した場合には救急車を利用するなどして、すぐに医療機関を受診してください。

ヒアリらしきアリを発見したら

刺激せず、触らないようにしてください。

市ではヒアリかどうかの特定は出来ませんので、下記に連絡し詳細をお伝えください。

環境省ヒアリ相談ダイヤル

0570-046-110 (月・水・金・土・日・祝)12/29~1/3は除く

愛知県環境部自然環境課

052-961-2111(代表)

詳細は下記URLをご確認ください

ヒアリに関して参考資料

ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考

中部地方環境事務所(環境省)

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 経済環境部 環境課 環境保全係
電話番号 (0566)95-9900​​​​​​​

経済環境部 環境課 環境保全係にメールを送る

更新日:2019年06月25日