碧南の漁業

碧南の漁業

碧南の漁業は、三河湾を中心とした海面漁業(大浜漁業協同組合)と、天然湖沼である油ヶ淵の内水面漁業(油ヶ渕漁業協同組合)に分けられます。

三河湾は、矢作川を中心にいくつかの中小河川の流入があるため、天然の栄養が行き届き、魚介類の成育も良く、古来より内湾漁業が盛んです。

油ヶ淵においては、近年、水質浄化のため環境保全の運動が盛んに行われています。

大浜漁業協同組合

主な水産物

海面漁業の漁法としては、まき網、刺し網、小型底引網、船引網等が行われ、まいわし、かたくちいわし、しらす、とり貝等の水揚があります。(平成26・27年東海農林水産統計年報より)

主な水産物
魚種名 最盛期
まいわし 7月から11月頃
しらす 5月から9月頃
とり貝 3月から7月頃

大浜漁業協同組合の取り組み

漁業まつり事業 毎年10月に実施されるイベント「大浜てらまちウォーキング」に併せて実施し、参加者に約3,000食のかに汁を配食しています。平成22年度からは漁港隣接の「漁業ふれあい広場」にて開催しています。

漁業まつりの模様1
漁業まつりの模様2

お問合せ・概要

大浜漁業協同組合
碧南市築山町1−70
(0566)41−0248
 

油ヶ渕漁業協同組合

主な水産物

内水面漁業では、愛知県で唯一の天然湖沼である油ヶ淵において、伝統的な漁法である磯角建網漁(いそかくだてあみりょう)や刺網漁が行われており、コイ、フナ、ウナギ、ナマズ等が水揚げされていますが、現在の水揚げ量は非常に少なくなっています。

磯角建網漁の様子

油ヶ渕漁業協同組合の取り組み

内水面漁場清掃事業 毎年11月に実施される清掃活動「秋のクリンピーときれいな街づくり」の時期にあわせて、組合員が油ヶ淵の清掃活動を実施し環境保全をしています。

油ヶ渕清掃の模様1
油ヶ渕清掃の模様2

お問合せ・概要

油ヶ渕漁業協同組合
碧南市油渕町4−4
(0566)42−5382

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 経済環境部 農業水産課 管理水産係
電話番号 (0566)95-9898​​​​​​​

経済環境部 農業水産課 管理水産係にメールを送る

更新日:2019年03月01日