後期高齢者福祉医療費給付制度(マル福)

医療助成制度のご案内

後期高齢者福祉医療給付制度(マル福)

後期高齢者医療保険加入者のうち、下記に該当する者に対して医療費を助成する制度です。以前は、医療機関の窓口で支払った後に医療費を振込みで支給していましたが、平成20年4月より医療機関の窓口にて医療費の助成を受けられるようになりました。(一部対象者を除く)

対象者の範囲は、後期高齢者医療保険加入者のうち、次のいずれかに該当する方です。

障害者医療、戦傷病者医療、母子家庭等医療、精神障害者医療の受給要件に該当する者

市民税の非課税世帯又は要保護世帯に属する者で、3ヶ月以上寝たきり老人、又は独り暮らし老人

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第29条の規定による措置入院患者

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第19条の規定による命令入所患者及び命令患者と同等の要件を有すると愛知県知事が認めた者


申請に必要な物は以下のとおりですが、受給要件によって異なりますので、ご不明な場合は事前にご相談ください。

身体障害者手帳

療育手帳

戦傷病者手帳

精神障害者保険福祉手帳

自立支援医療受給者証(精神通院)

精神科の入院証明書など

対象の範囲のうち非課税独り暮らしの要件で申請をする場合、碧南市外にお住まいのご親族様に対して扶養状況の調査を行います。そのため、対象のご親族様の同意書が必要になりますので、申請前にご用意ください。申請者を税法上の扶養に入れている場合でそのご親族様が課税対象者の場合は、非該当となりますのでご了承ください。同意書につきましては、こちらの同意書(非課税独り暮らし用)(PDF:66.3KB)をご利用ください。


診療を受ける場合は、後期高齢者福祉医療費(マル福)受給者証を必ず医療機関等の窓口に提示してください。健康保険が適用される医療費の自己負担額が助成されます。(県内のみ有効)

県外で受診される場合は、医療機関等の窓口で支払ったあと、領収書、被保険者証、マル福受給者証、通帳等振込先の分かる物を持って国保年金課へ申請してください。

医療費の払い戻しを受ける場合は、平成31年2月1日から印鑑は不要ですが、窓口に来られる方が、受給者とは別世帯の場合は、委任状が必要になりますので、こちらの福祉医療委任状(PDF:151.6KB)をご用意ください。

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 健康推進部国保年金課 医療係
電話番号 (0566)95-9892​​​​​​​

健康推進部国保年金課 医療係にメールを送る

更新日:2019年03月01日