令和元年度文化財展「三河での瓦づくり 伝承と歴史」

令和元年度文化財展「三河での瓦づくり 伝承と歴史」

令和元年度文化財展は下記の概要で開催します。是非お越しください。

概要
 会 期

令和元年11月9日(土曜日)〜24日(日曜日) 午前9時〜午後9時

 休館日  月曜日
 会 場  碧南市文化会館(碧南市源氏神明町4番地) 1階 展示室1
 主 催  碧南市教育委員会(主管・碧南市文化財保護審議会)
 内容

令和元年度の碧南市文化財展は「三河での瓦づくり 伝承と歴史」をテーマに開催します。
仏教文化として伝来した瓦は、国内で仏教が広まるのに伴い、古代寺院建築に使われ全国に広まりました。やがて、瓦は、寺社や権力者など富を持つ人々の屋根を飾り、江戸時代に入ると大都市では財力のある庶民も瓦屋根を求めるようになり、全国各地で大都市向けの瓦産地が形成されはじめました。
瓦産地の一つ、ここ三河でつくられた瓦は、廻船の船底に積み込まれ、三河木綿や三河酒とともに江戸などへ送られ、三州瓦と呼ばれました。三河は豊富な粘土と水運に恵まれたことから、瓦の三大産地の一つになりました。
そこで、本展では、碧南市に残された史資料や瓦、瓦づくりの道具を中心に展示します。ぜひ、ご観覧ください。

 入場料  無料

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 教育部 文化財課
電話番号 (0566)48-6602

教育部 文化財課にメールを送る

更新日:2019年11月08日