《ジーンズ・夏》佐藤忠良

「ジーンズ・夏」写真

《ジーンズ・夏》佐藤忠良 1984年 178×70×60cm ブロンズ 碧南市文化会館前

碧南の彫刻のあるまちづくり 第2作(昭和59年度)

 多様化されている現代とはいえ、彫刻は様式を超えて、空間と材質に命を預けることから逃れることはできません。

 作者が、何等の条件的束縛も受けずに自由に創ってあったものが、ある与えられた空間の中で生き生きと存在を主張できることもあれば、環境ともども互いに迷惑顔で共存しなければならないこともままあります。

 透明な色彩さえ感じさせるヘキナンという響きが私の中を去来し、デッサンを重ねながら、一人の女性像にそんな思いを託そうと試み続けました。しかし、選ばせていただいた文化会館の前庭に、この像が果して応えられるものになれたのか、今度はそのことが不安にさえなっています。作者の言葉は、すぐ作品にはね返るものだということを怖れながら心の内を述べさせていただきました。 佐藤忠良

佐藤忠良氏の略歴
1912 宮城県に生まれる
1939 東京美術学校彫刻科卒
1960 第3回高村光太郎賞受賞
1966 東京造形大学教授となる
1974 第15回毎日芸術賞受賞
芸術選奨文部大臣賞受賞
1975 第6回中原悌二郎賞受賞
第3回長野市野外彫刻賞受賞
1977 第5回長野市野外彫刻賞受賞
1981 パリのロダン美術館で個展開催
フランスの美術アカデミーの客員会員に推挙される
1984 イタリア、サン・ルカ美術アカデミー会員に推挙される
1986 東京造形大学名誉教授となる
  新制作協会会員
2011 死去

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 教育部 藤井達吉現代美術館
電話番号 (0566)48-6602

教育部 藤井達吉現代美術館にメールを送る

更新日:2019年03月01日