2019年度 年間スケジュール

都合により展覧会の期間及び内容が変更になることがあります。

企画展・共催展

企画展

没後60年 北大路魯山人 古典復興 ―現代陶芸をひらく―
  2019年4月27日(土曜日)~6月9日(日曜日) 展示室1・2・3・多目的室  有料

北大路魯山人(1883-1959)は、30代の終わりに生来の食に対する関心から「料理の着物」としての作陶に向かいます。その旺盛な活動はまさに「『美』を食す人」。本展では、魯山人ゆかりの名古屋の料亭・八勝館や、質の高いコレクションで知られる世田谷美術館(塩田コレクション)を中心に、魯山人の作品をご紹介します。また、川喜田半泥子、石黒宗麿、荒川豊蔵から八木一夫にいたる同時代の陶芸家たちの作品に加え、彼らが学んだ中国、朝鮮そして日本の古陶磁も併せて展示し、昭和陶芸の豊穣な成果とその源流から未来を見つめます。

空間に線を引く ―彫刻とデッサン
   2019年8月10日(土曜日)~9月23日(月曜日・祝日) 展示室1・2・3 多目的室 有料

彫刻家のデッサンは魅力に富んでおり、画家のデッサンにはない美しさがあります。彼らのデッサンは二次元でありながら、三次元とみなす感性のもと描かれています。紙面は空間であり、空間に引かれた線は対象の存在感やものの粗密を表現しているように見えるのです。

本展は、橋本平八を起点として、柳原義達や舟越桂、青木野枝など、戦後から現代までに活躍した彫刻家約20名のデッサンと、それに関連する彫刻を展示し、その魅力と創作の秘密にせまるものです。

 

コレクション展1 新収蔵作品を中心に
2019年10月18日(金曜日)~11月17日(日曜日) 展示室1 無料

作品収集は企画、調査・研究、教育普及、保存と並ぶ美術館活動の柱であり、美術館の性格をつくるものでもあります。本展では2017・2018(平成29・30)年度に新しく収蔵された作品を中心にご紹介します。白木屋専務と藤井達吉との長年の交友を語る岡清蔵氏旧蔵作品をはじめ、日本の近現代美術史を彩る各作家の作品が一堂に会します。油彩から日本画、版画、彫刻、工芸まで、多様性に富む作品群との出会いをお楽しみください。

没後100年 服部長七と近代産業遺産
2019年10月18日(金曜日)~11月17日(日曜日) 展示室2   無料

碧南出身で「長七たたき(人造石)」を開発した服部長七(1840-1919)の没後100年を記念した企画展です。長七は三和土を改良した人造石「長七たたき」を開発しました。これは四日市港潮吹き防波堤や神野新田堤防(豊橋市)など、全国各地で築堤、架橋などの大小の土木工事に使われました。本展では、こうした服部長七の事績について、長七が復興に尽力した岩津天満宮(岡崎市)の所蔵品を中心にご覧いただきます。

 

コレクション展2 「人のかたち」をみつめて/片山照子・繁コレクション
2019年12月21日(土曜日)~2020年2月24日(月曜日・祝日) 展示室1・2 無料

古来、「人」は美術表現の中心的な位置を占めてきました。私たちがどこから来たのか、何者であり、何のために生き、どこへ向かうのかは、人間にとっての永遠の問いである故に、「人のかたち」が注目され続けるのでしょう。人物像の描かれない作品でも、人間が介在する場を感じさせる時さえあります。本展では所蔵作品の中から、肖像画はもとより、シルエットや影、気配まで、人を示す作品を取り上げます。また本展では片山照子・繁コレクションをまとめて展示し、作品と貴重な文献との魅力的なつながりをご紹介します。

野村佐紀子展
2019年12月21日(土曜日)~2020年2月24日(月曜日・祝日) 展示室3・4 無料

野村佐紀子(1967- )は、静謐な写真表現で知られる新進気鋭の作家です。これまでに発表された作品の多くは、モデルと長い時間を共にしながら撮影されており、愛の大切さや、打ち解け合って初めて見られる人々の表情の豊かさを気づかせるものでした。近年は、高齢者のポートレートや、枯れゆく花、空を流れる雲などの写真も発表しています。本展では、野村の代表的な作品と現在の表現を紹介します。

共催展

 

第12回碧南文化協会選抜美術展
2019年6月29日(土曜日)~7月7日(日曜日) 展示室1・2 無料
絵画や書、工芸作品など碧南文化協会内で選抜された作家による展覧会。

 

HEKINANからそれぞれのスピリッツ展11
2019年9月29日(日曜日)~10月14日(月曜日・祝日) 展示室1・2 無料
藤井達吉の創作魂を継承する碧南出身・在住作家などの展覧会。

 

碧南ビエンナーレ
2019年11月23日(土曜日)~12月15日(日曜日) 展示室1・2 無料
碧南市在住の熱意ある美術家集団の企画による2年に1度の展覧会。

教育・普及その他の展覧会

 

ワークショップ作品展
2019年6月22日(土曜日)~7月21日(日曜日) 展示室4 無料
子どもワークショップにて制作された子どもたちの作品を展示します。

 

野外彫刻絵画コンテスト入賞作品展
2019年11月23日(火曜日)~12月15日(日曜日) 展示室4 無料
野外彫刻絵画コンテストの入賞作品をご紹介します。

常設展

 

常設展1 -藤井達吉 人と作品- 展示室3/4 無料
【2019年度-1期】 2019年4月16日(火曜日)~6月9日(日曜日)
【2019年度-2期】 2019年6月15日(土曜日)~8月4日(日曜日)
【2019年度-3期】 2019年8月10日(土曜日)~9月23日(月曜日・祝日)
【2019年度-4期】 2019年9月29日(日曜日)~11月10日(日曜日)
【2019年度-5期】 2019年11月13日(水曜日)~12月15日(日曜日)

 

常設展2 -碧南の歴史と文化- 地下1階情報コーナー 無料
【2019年度-1 期】 2019年4月6日(土曜日)~6月30日(日曜日)
碧南の古文書11「近藤坦平旧蔵資料 Part1」
【2019年度-2期】 2019年7月6日(土曜日)~9月29日(日曜日)
碧南のできごと5「伊勢湾台風60年」
【2019年度-3期】 2019年10月5日(土曜日)~12月28日(土曜日)
碧南のできごと6「大浜陣屋設置250年」
【2019年度-4期】 2020年1月11日(土曜日)~2月24日(月曜日・祝日)
碧南の人物9「俳人 中根楳堂」

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 教育部 藤井達吉現代美術館
電話番号 (0566)48-6602

教育部 藤井達吉現代美術館にメールを送る

更新日:2019年05月01日