企画展 生誕150年記念 竹内栖鳳

竹内栖鳳展

 

展示概要
展覧会名
生誕150年記念 竹内栖鳳
会期
平成27(2015)年 4月14日(火曜日)から平成27(2015)年 6月7日(日曜日)まで
観覧時間
10時~18時 (入場は17時30分まで)
休館日
月曜日
観覧料
一般900(720)円 高校・大学生600(480)円 小・中学生400(320)円( )は20名以上の団体
関連イベント
イベント詳細をご覧ください。
図録

郵送販売は下のリンクをご覧ください。

郵送販売について

このたび、近代日本を代表する画家・竹内栖鳳の生誕150年を記念して、栖鳳の多彩な画業を通観する展覧会を開催いたします。 栖鳳は1864年(元治元年)京都に生まれました。時代に即した新しい絵画を模索していた明治初期、若き栖鳳は京都の伝統的な画派である円山四条派だけでなく、数多くの流派の画技を習得します。彼の変幻自在な表現は、時に「鵺」と揶揄すらされました。新しい日本絵画を追求する栖鳳の表現は、伝統的な日本絵画の枠組みにおさまるものではありませんでした。1900年(明治33)に渡欧した栖鳳は、ヨーロッパの芸術に大きな感化を受け、帰国後、その技法を巧みに取り入れた近代的な日本画の創出に取り組みます。幼少からの絶え間ない修練に裏打ちされた圧倒的な筆技を下地とし、新たな表現技法を貪欲に吸収した栖鳳は、伝統と革新の双方を体現した画家といえます。 本展では113年ぶりの公開となった油彩作品《スエズ景色》をはじめ、多くの名品・初公開作品を含む約100点により、栖鳳の多様な表現の世界を見ていくことにいたします。栖鳳が過去より継承したものは何であったのかそして未来へつなげていったものは何であるのかを、あらためて探ります。

 

出品目録は

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 教育部 藤井達吉現代美術館
電話番号 (0566)48-6602

教育部 藤井達吉現代美術館にメールを送る

更新日:2019年06月06日