【新型コロナ】特別定額給付金

令和2年4月20日閣議決定された国の「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」において、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うこととし、「特別定額給付金事業」が実施されることが決定いたしました。

1 給付の対象となる方

令和2年4月27日において住民基本台帳に記録されている方が現金給付を受けることができる対象者となります。

2 申請者・受給者

令和2年4月27日現在の世帯主が、世帯員の給付金を一括して申請を行い、給付を受けることになります。

(※)世帯員個人へ分けてお振込みすることはできません。

3 給付金の額

給付の対象となる方 1人につき100,000円です。

4 申請の方法

申請の方法は次の2通りとなります。

なお、世帯単位の申請であり、準備が整い次第、市より世帯主あてに申請書を郵送します。

◆ 郵送申請方式

申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市に郵送していただく方法です。

5月18日発送

◆ オンライン申請方式 【マイナンバーカード所持者が利用可能】

マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要です。)していただく方法です。

【お願い】
新型コロナウイルス感染症対策による混雑を回避するため、ご自身のパソコン、スマートフォンで申請ができない場合には、郵送による申請にてご対応いただきますよう、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

5月1日よりマイナポータルの「ぴったりサービス」よりオンライン申請できます。
(※)以下のサイトの展開ができない場合には、時間をおいて再度お願いします。

申請操作等の詳細は以下のサイトを参照ください。

5 申請期間

市が受付を開始した日から3か月間

8月17日(月曜日)まで

6 給付開始日

オンライン申請(5月3日までの申請分)について、審査が完了したものを1回目として5月15日(金曜日)に支給します。

2回目以降の支給については、オンライン申請、郵送申請ともに支給の準備が整い次第、順次支給を行っていきます。

(※) 申請から支給までの目安としては2週間程度となります。支給の準備が整うと、市から交付決定通知が発送され、その通知内容に振込予定日が記載しておりますので、ご確認ください。

 

7 総合窓口(コールセンター) 【8月17日(月曜日)まで】

特別定額給付金に関する相談については、0566-95-0101 までお問い合わせください。

受付時間:午前9時から午後5時まで(平日のみ)
(※)5月23日(土曜日)、24日(日曜日)、30日(土曜日)、31日(日曜日)については、午前9時から午後5時までお問い合わせできます。

8 配偶者からの暴力(DV)を理由に碧南市に避難している方への支援

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情によりに令和2年4月27日以前に碧南市に住民票を移すことができない方は、手続きをしていただくことにより次の措置が受けられます。

  • 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。

◆ 対象要件

以下の1から3のいずれかに該当する場合

1. 申出者の配偶者に対し、配偶者暴力防止法に基づく保護命令が出されていること

2. 婦人相談所等から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」が発行されていること

3. 基準日の翌日以降に住民票を居住市町村に移し、住民基本台帳事務処理要領に基づく「支援措置」の対象となっていること
 

◆ 申出方法

市役所4階経営企画課に必要書類を添えて提出します。

この申出を検討される方は、相談窓口(TEL:0566-95-0101)までご連絡ください。

9 特別定額給付金に関する特殊詐欺等に注意してください。【4月21日現在】

  • 現在、申請手続きを含め、給付手続きは始まっていません。
  • 市や国・県(総務省等)が、ATMの操作をお願いすることはありません。
  • 市や国・県(総務省等)が、給付のために手数料の振込を求めることはありません。
  • 現時点で市や国・県(総務省等)が、給付のために住民の世帯構成や生年月日、銀行の口座番号等を電話や郵便、メールで問い合わせすることはありません。
  • 給付等をかたった不審な電話等があった場合には、警察署、市にご連絡ください。
  • 具体的な手続きが決まりましたら、ホームページや広報でお知らせします。

10 Q&A 【5月7日現在】

Q1 いつ現金給付申請書が届くのですか。

5月18日に申請書を送付するよう準備を進めています。

Q2 具体的な手続きはどうなっていますか。

令和2年4月27日において住民基本台帳に記録されている方が現金給付を受けることができる対象者となります。

世帯単位の申請であり、準備が整い次第、市より世帯主あてに申請書を郵送する予定です。

申請方法は以下の2通りが原則となります。なお、記入方法がわからない方のために、相談窓口を設置して申請書を受付する予定です。

(1)郵送申請方式
申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市に郵送していただく方法です。

(2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能です。)

  マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要です。)していただく方法です。

Q3 外国人も対象になるのですか。

在留期間が3か月を超えるなどで住民基本台帳に記載されている外国人も対象となります。

Q4 子どもや高齢者は受け取れますか。

子どもを扶養する世帯主が申請すれば、扶養家族の分も含めて世帯主へ一括入金します。

例えば、4人家族(世帯主、配偶者、子ども2人)の場合は、40万円支給します。

自分で手続きすることが難しい高齢者や障害者は、後見人などによる代理申請を認めています。

 

Q5 このサイトページより詳しい内容はありますか。

総務省で最新情報が随時更新されています。以下をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 総務部 経営企画課 政策推進係
電話番号 (0566)95-9865

総務部 経営企画課 政策推進係にメールを送る

更新日:2020年05月19日