令和5年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)(国制度)

ページID 19876

更新日:2023年06月02日

食費等の物価高騰に直面し、影響を特に受ける低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援をするため、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。

※低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)は併給できません。

支給対象者

以下のいずれかに該当する方が対象です。

(1) 令和5年3月分又は4月分の児童扶養手当を受給している方

(2) 公的年金等を受給していることにより、令和5年3月分の児童扶養手当を受給していない方(児童扶養手当に係る支給制限限度額を下回る者に限る)

(3) 食費等の物価高騰の影響を受けて家計が急変し、令和5年1月以降の収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

支給金額

児童1人当たり50,000円

支給手続き

申請が不要な方(碧南市から案内を送付します)

(1)令和5年3月分又は4月分の児童扶養手当を受給している方

支給対象の方には、こども課から5月19日(金曜日)に案内文を発送し、5月31日(水曜日)に令和5年3月分又は4月分の児童扶養手当支給口座に振り込みました。支払通知書は送付しませんので、預金通帳などで振り込みの確認をしてください。

申請が必要な方

(2) 公的年金等を受給していることにより、令和5年3月分の児童扶養手当を受給していない方(公的年金給付等受給者)

令和5年3月分の児童扶養手当の支給要件に該当する方で、申請者本人及び扶養義務者(同居の直系血族及び兄弟姉妹など)の令和3年中の収入(所得)額が支給制限限度額を下回る方が対象です。

※公的年金給付等とは、遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償などをいいます。

※収入額には、給与収入、事業収入、不動産収入のほか、養育費や年金収入も含みます。

※公的年金給付等により、児童扶養手当を受給していない方でも、申請をしていれば、令和5年3月分の児童扶養手当が全部又は一部支給されたと推測される方も対象となります。

 

(3) 上記(1)(2)以外で、食費等の物価高騰の影響を受けて家計が急変し、令和5年1月以降の収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

申請者本人及び扶養義務者(同居の直系血族及び兄弟姉妹など)の令和5年1月以降の任意の月の収入(1か月)に12(か月分)を掛けた金額が、支給制限限度額を下回る方が対象です。(収入額には、給与収入、事業収入、不動産収入のほか、養育費や年金収入も含みます。)

※既に児童扶養手当の認定を受けている方で、手当の全部を支給しないこととされている方(全部停止者)も要件に該当すれば対象となります。

申請受付期間

令和5年6月1日(木曜日)~令和6年2月29日(木曜日)

※ただし、令和6年2月生まれの新生児の場合は令和6年3月15日(金曜日)まで

注意事項

  • 振込口座の解約・変更等により給付金の支給ができなかった場合で、令和6年2月29日(木曜日)までに口座変更の手続きが行われなかった場合は、給付金が支給されません。
  • 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)の支給を受けた後に、住民税の修正申告等により所得額が児童扶養手当の所得制限限度額以上で、支給対象者に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正な手段により低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)の支給を受けた場合は、支給済の給付金を返還していただきます。
  • 申請内容に不明な点があった場合、こども課から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料等の振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合はすぐに碧南市の窓口又は最寄りの警察にご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 福祉こども部 こども課

  • 育成支援係 電話番号 (0566)95-9886
  • 幼保係 電話番号 (0566)95-9887

福祉こども部 こども課にメールを送る