碧南の旬の野菜

ページID 4978

更新日:2021年01月05日

碧南の旬の野菜

地元でとれた食材を地元で消費する地産地消を推進します。地元食材は、新鮮で安心な上、輸送などによる環境への負担が少ないことが利点です。

そこで碧南市の豊かな食材とその食材を使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。

旬の野菜とレシピ

ニンジン(へきなん美人)

碧南の冬といえば、ニンジンです。

碧南市は、昔からニンジン栽培が盛んで、生産量・出荷量ともに県下第1位を誇る全国屈指の冬ニンジンの産地です。

碧南市で生産されている「碧南鮮紅五寸人参」は愛知の伝統野菜となっており、また、改良を重ねて作られた品種は、ブランド名「へきなん美人」としてJAあいち中央から全国に出荷されています。

この「へきなん美人」が最も熟して甘い時期の1月23日を、1(いい)・23(にんじん)との語呂合わせで「碧南人参の日」と定めており、碧南人参の日に合わせて、市内の保育園、幼稚園、小中学校でニンジンを使った給食を出します。また、JAあいち中央碧南人参部会と商工会議所が連携し、「碧南にんじんの日」ののぼり旗が立てられた店で、「へきなん美人」を使った料理やお菓子などを提供します。

ニンジンはβカロテンやビタミンが豊富で、美容と健康にとても効果的です。今が旬の碧南のニンジンを食べて、寒い冬を元気に過ごしましょう。

 

【碧南産ニンジンの特徴】

・色、つやが良い

・ニンジン独特の臭みが少ない

・βカロテンが豊富

・糖度は8~10度くらいで甘みが強い

・ジュースにしても飲みやすく、生で食べてもおいしい

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 経済環境部 農業水産課 農政振興係
電話番号 (0566)95-9896​​​​​​​

経済環境部 農業水産課 農政振興係にメールを送る