従業員の変更に係る届出の特例

変更事由が職員の採用、退職などの異動のみの場合の特例

変更届は、原則として、変更事由が発生してから10日以内に届け出ます。

ただし、職員の採用、退職の異動は頻繁にあると考慮されるため、以下の条件に適合する場合は、その都度届け出るのではなく、毎年6月1日時点の内容を同月末までに届け出ることとします。

1.加算算定のための体制に影響のないこと。
2.次の職種でないこと。

     管理者(全サービス)
     介護支援専門員(全サービス)
     訪問介護事業所のサービス提供責任者

3.昨年6月1日の届出以降、碧南市へ変更届出をしていないこと。(従業員の変更以外の届 出事由がなかった。)
4.人員基準に適合していることを事業所が自主点検していること。
5.運営規程の従業員の数を適切に管理していること。

なお、従業員の変更以外の届出事由(営業時間の変更等)により、変更届を届け出る際に、未届けの従業員変更がある場合は、その時点の従業者の人員を運営規程に反映させ、従業員変更の届出も同時にしていただく必要があります。この場合、変更年月日以降初めての6月1日の届け出は不要になります。

申請書類

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 健康推進部高齢介護課 介護保険係
電話番号 (0566)95-9889​​​​​​​​​​​​​​

健康推進部高齢介護課 介護保険係にメールを送る

更新日:2019年06月10日