災害時の応急給水

災害時の応急給水所

災害時の飲料水及び生活用水の確保について

碧南市水道事業では、地震災害に強い水道管の整備を進めています。幹線配水管震災対策事業として、当市の水道管の軸となる幹線配水管の整備と、応急給水活動を行う応急給水栓の設置が完了しました。

災害に備えて、第2配水場に約2万1千立方メートルの水量を確保するよう努めており、災害時には、給水車による避難所への運搬給水や応急給水栓を利用した拠点給水など、応急給水所を設置し、市民の皆様に水をお配りします。

応急給水栓とは

大規模な災害時に各家庭への配水管が断水してしまった時にも、幹線配水管に通水後に、水道水を受け取るための水栓 です。

応急給水所へお越しの際は、ポリタンクやペットボトルなど水を入れる容器をご持参ください。

応急給水栓マップ

応急給水栓一覧表

各応急給水栓の詳細情報は下記のとおりです。

常設給水栓

応急給水栓

北部エリア

南部エリア

家庭でも水の確保を

災害に備えて、日頃からご家庭でも水を備蓄しましょう。

飲み水は、1人1日3リットルとして3日分、できれば7日分備蓄しておくと良いでしょう。

水道水の保存期間は、直射日光が当たらない風通しの良い場所で3日間が目安となるため、保存期間が過ぎたらトイレなどの雑用水に利用してください。

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 水道課水道課 工務係
電話番号 (0566)95-9915​​​​​​​

水道課水道課 工務係にメールを送る

更新日:2019年03月01日