介護サービスの利用者負担の制度改正

介護サービス利用者負担割合(平成30年8月から)

これまで介護サービスの利用者負担割合は所得におうじて1割または2割でしたが、平成30年8月から特に所得の高い方は、3割負担となります。ただし、

介護サービスには自己負担の上限額があります(下記の高額介護サービス費参照)

3割負担の方

(1)65歳以上で、本人の合計所得金額(※)が220万円以上

(2)同一世帯の65歳以上の人の「年金収入とその他の合計所得金額」の合計額が、単身の場合340万

円以上、2人以上の世帯の場合463万円以上

2割負担の方

(1)65歳以上で、本人の合計所得金額(※)が160万円以上

(2)同一世帯の65歳以上の人の「年金収入とその他の合計所得金額」の合計額が、単身の場合280万

円以上、2人以上の世帯の場合346万円以上

1割負担の方

64歳以下の方、65歳以上で上記3割負担、2割負担以外の方

※合計所得金額・・・収入金額から必要経費に相当する金額を控除した金額のことで、扶養控除など

の所得控除をする前の金額

高額介護サービス費の利用者負担上限額(平成29年8月から)

ひと月に利用した介護サービスの利用者負担額が上限額を超えた場合に、超えた額について、後から支給される高額介護サービス費の上限額が、市民税課税世帯の人は、これまで37,200円でしたが、平成29年8月から、44,400円になります。

ただし、同じ世帯のすべての65歳以上の人が1割負担の場合、3年間のみ月額37,200円となります。

施設入所時の食費・居住費補助(負担限度額認定証)の制度改正(平成28年8月から)

現在、食費・部屋代の負担軽減措置における利用者負担段階の判定に用いる収入には、合計所得金額と課税年金(老齢年金など)収入が対象となっておりますが、平成28年8月からは非課税年金(遺族年金と障害年金)収入も含めて負担段階の判定をすることに変更となります。

このことにより、現在、利用者負担段階が第2段階である方のうち、非課税年金を一定額受給されている場合には、利用者負担段階が第3段階になる場合があります。なお、今回の制度変更により、現在、負担軽減措置を受けている方が受けられなくなってしまうことはありません。

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 健康推進部 高齢介護課

  • 高齢福祉係 電話番号 (0566)95-9888
  • 介護保険係 電話番号 (0566)95-9889
  • 地域支援係 電話番号 (0566)95-9890

健康推進部 高齢介護課にメールを送る

更新日:2019年04月19日