受益者負担金

ページID 1174

更新日:2019年06月06日

受益者負担金とは何ですか?

下水道が整備されると、便所の水洗化、下水がすみやかに流れ衛生的に処理されるなど、整備されていない区域と比べ生活環境は快適なものになります。しかし、その利益を受けることができるのは、その区域の人だけに限られることになります。特定の人だけが利用できる施設を全額公費でまかなうことは公平とはいえません。

そこで、下水道の整備によって利益を受ける人たちに建設費の一部を負担していただくのが受益者負担金です。

受益者とは誰ですか?

公共下水道の整備区域内の土地の所有者です。ただし、他人が建物を建てたりしているときは、その方との話し合いにより、受益者(負担金を納める者)を決めていただきます。

下水道を整備する際には、市から土地所有者へ「受益者申告書」を送付しますので、受益者を決めていただき、受益者申告書を提出してください。

ご提出いただいた受益者申告書に基づき、受益者を決定します。

なお、受益者申告書の提出がない場合は、土地の所有者を受益者として決定いたします。

負担金の対象となる土地はどこですか?

区域内の宅地(更地を含む)、雑種地(駐車場など)、農地(田畑)などすべての土地が対象となります。

国、公有地、病院、神社、寺院、線路等も対象となります。

負担金額はいくらですか?

負担金は土地の登記簿面積1平方メートル当たり350円です。

負担金はその土地について、一度限りのご負担となります。

負担金を納付する方法は?

負担金の納付方法には、期別納付と一括納付があります。

送付します納入通知書により納付してください。事前に口座振替の手続きをしていただきますと、口座での引き落としも可能です。

口座振替をご希望の方は、市役所または金融機関窓口にある「口座振替納付依頼書」に必要事項をご記入のうえ、金融機関または市役所へ提出してください。

期別納付

5年分割で、納期を毎年4期ずつ設け、計20期で納付していただきます。

納付期限が休日にあたる場合は、これらの日の翌日が納付期限となります。

第1期:6月15日から6月30日

第2期:9月15日から9月30日

第3期:12月15日から12月25日

第4期:2月15日から2月28日

一括納付

5年分全額納付するか、または期別納付をした翌年度以降に残り全額を納付することができます。

この場合、前納報奨金を差し引いた額を納付していただきます。ただし、最高25万円を限度額とします。

初年度に全額を一括納付されますと、約15パーセント安くなります。

注意:一括納付は毎年度第1期の納期限までです。

負担金の計算例及び前納報奨金の例

土地の登記簿面積が200平方メートルの場合は、負担金額及び前納報奨金は下記のようになります。

負担金総額は、200平方メートル×350円=70,000円(10円未満切捨て)となります。

1年目の第1期に全額納付する場合:前納報奨金11,870円、納付する金額58,130円

2年目の第1期に全額納付する場合:前納報奨金7,470円、納付する金額62,530円

3年目の第1期に全額納付する場合:前納報奨金4,090円、納付する金額65,910円

4年目の第1期に全額納付する場合:前納報奨金1,720円、納付する金額68,280円

5年目の第1期に全額納付する場合:前納報奨金350円、納付する金額69,650円

前納報奨金の計算式は

(負担金総額-第1期までの負担金額)×報奨金率

となります。

上の例では、順番に

(70,000円-3,500円)×0.1785=11,870円

(70,000円-3,500円×5)×0.1424=7,470円

(70,000円-3,500円×9)×0.1064=4,090円

(70,000円-3,500円×13)×0.0703=1,720円

(70,000円-3,500円×17)×0.0340=350円

となります。

負担金の減免や徴収猶予は受けられますか?

次の土地は、申請により負担金額が一定の割合で減免されますので、ご相談ください。

・国、地方公共団体の土地

・学校、福祉施設などの土地

・生活保護を受けている人の土地

次の土地は、申請により負担金の徴収が一定期間猶予されますので、ご相談ください。

・現況が農地、山林その他これに準ずる土地

・係争中の土地

・災害等により、負担金を納付することが困難であると認められる者が所有する土地

負担金の完納前に受益者を変更する場合は?

土地の売買や貸借などで、受益者を変更する場合は、「下水道事業受益者変更申告書」を提出してください。

この場合、新しい受益者に、届出日の次の納期の負担金から納付をしていただきます。

なお、この届出日までに納期が過ぎている分は、旧受益者が支払い義務者となります。

注意:この届出がない場合は、売買等で土地の権利関係が変わっても、当初の受益者に納入通知書を送付し続けることになりますので、必ず提出をしてください。

負担金を滞納した場合は?

負担金を滞納しますと、督促状や催告状を送付し、電話やご自宅に訪問するなど、催告をいたします。

その後も滞納を続けていますと、財産調査や財産の差押えなど滞納処分を実施する場合があります。

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 開発水道部 下水道課 管理業務係
電話番号 (0566)95-9911​​​​​​​

開発水道部 下水道課 管理業務係にメールを送る