木造聖観音菩薩立像 1躯

木造聖観音菩薩立像(称名寺蔵、画像提供:愛知県総務部法務文書課県史編さん室)

(画像提供・愛知県総務局総務部法務文書課県史編さん室)

概要
分類 県指定有形文化財
種別 美術工芸品(彫刻)
所有者 稱名寺
指定年月日 昭和32(1957)年1月12日
寸法 像高155.4cm
品質・形状 木造 彩色
時代 平安

 

一木造(いちぼくづくり)で、もとは素地像と考えられている。彫りはあまり深くないが、どっしりとした重量感ある体躯を示し、整った面貌にも威厳がある。9世紀末から10世紀にかけての作と推定される。寺伝によれば、称名寺第六世春登の代(15世紀前半頃)に、甚目寺(じもくじ、あま市)から移安され、また松平信忠の息女・東一坊の念持仏であったという。

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 教育部 文化財課
電話番号 (0566)48-6602

教育部 文化財課にメールを送る

更新日:2020年03月27日