木造蓮如上人坐像 1躯

木造蓮如上人坐像(西方寺蔵)
概要
分類 市指定有形文化財
種別 美術工芸品(彫刻)
所有者 西方寺
指定年月日 平成22(2010)年4月1日
寸法 像高31.0cm
品質・形状 木造 彫眼 彩色
時代 室町

 

西方寺の本堂脇壇の厨子(ずし)に安置される、蓮如の肖像彫刻。像底に「釋蓮如(花押)」の陰刻がある。寺伝で、享保11(1726)年に現在の大阪府門真(かどま)市願得寺から西方寺に入った慈寛が請来(しょうらい)したものと伝える。法衣は蓮如肖像画の通規とは異なるが、面貌は蓮如肖像画をよく写しており、遺作例の少ない蓮如木像の、中世末期に遡る古例として貴重である。

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 教育部 文化財課
電話番号 (0566)48-6602

教育部 文化財課にメールを送る

更新日:2020年03月11日