大浜中区 三番叟人形 2体

大浜中区 三番叟人形 2体(大浜中区蔵)
概要
分類 市指定民俗文化財
種別 有形の民俗文化財
所有者 大浜中区
指定年月日 昭和59(1984)年4月3日
寸法 (右の人形)高さ97×幅44×奥行15cm (左の人形)高さ86×幅34×奥行14cm
実施日 大浜中区祭礼(毎年10月第3土曜日・日曜日)

 

天明8(1788)年に亀崎(半田市)より購入した山車と同じく、亀崎から購入した人形である。使用が激しく破損修理を繰り返しているので、現在のものがいつ頃製作されたのかは不明である。昭和51(1976)年、7代目玉屋庄兵衛氏により1体が修理され、人形の表情は前とは違った穏やかなものとなった。いわゆる観客からは操者が見えない隠れ遣いである。古人の言い伝えによると、三番叟の踊りを神前に奉納し、商売繁盛・五穀豊穣を祈ったといわれ、二百余年の伝統を受け継ぎ、今も氏子に親しまれている。

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 教育部 文化財課
電話番号 (0566)48-6602

教育部 文化財課にメールを送る

更新日:2020年03月31日