大浜中区 山車 1輌

大浜中区 山車 1輌
概要
分類 市指定民俗文化財
種別 有形の民俗文化財
所有者 大浜中区
指定年月日 昭和59(1984)年4月3日
寸法 高さ6.1m 長さ5.6m 幅2m 重さ約3t
時代 江戸
実施日 大浜中区祭礼(毎年10月第3土曜日・日曜日)

 

中之切車(なかのきりしゃ)と呼ばれる。古記録によると、天明8(1788)年に亀崎より古車を金3両で購入、鍋田与兵衛寄進とされている。その後、山車は文政5(1822)年に大がかりな修理が完了、安政6(1859)年には台輪の取替えに10両使うなど、修理はしばしば行われた。本体は総木曽檜作りで、周りは豪華な彫刻で飾られ、唐獅子(からじし)は31個、剣龍も見られ、障子やさまざまな幕で包まれ、大幕は猩々緋(しょうじょうひ)という真赤なものが使われている。

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 教育部 文化財課
電話番号 (0566)48-6602

教育部 文化財課にメールを送る

更新日:2020年03月31日