避難所における感染症対応

災害発生に伴う避難所での集団生活は、密集した空間の中となり、新型コロナウイルスやインフルエンザといった感染症のリスクが高まる危険性があります。

本市では避難所に、マスク、体温計、消毒液、フェイスガードなどの感染症対策物資を充実してまいりますが、物資には限りもあるため、少しでも感染リスクを軽減していただきたく、下記のように避難に備えて今一度ご準備くださいますようお願いします。

災害が起きる前に

1 身のまわりの災害リスク及び避難場所・避難所の確認

ハザードマップや津波避難マップを活用し、事前にお住いの地域の災害リスクを確認しましょう。浸水被害が少ないなどの災害リスクによっては自宅の2階以上への避難も有効です。また、近くの避難場所及び避難所についても確認しておきましょう。安全な場所にいる方が避難所に行き、感染リスクを高める必要はありません。

2 親戚や友人・知人の家などへの避難検討

避難所が過密状態になることが考えられるため、親戚や友人・知人の家などへの避難を相談しておきましょう。

3 非常持ち出し品の確認

あらかじめ準備している非常持ち出し品に、マスク、体温計、ビニール袋、アルコールの消毒液やウェットティッシュ等の感染症対策用品も加えておきましょう。避難所へ避難する場合は非常用持ち出し品を持参していただき、感染症対策にご協力ください。特に、消耗しやすいマスクや消毒液、他者との共用を避けるために体温計はご自身で持参ください。

災害が起きるおそれがあるとき・災害が起きたとき

まずは自分の命を守る行動を

感染を回避する行動は大切ですが、気象情報及び避難情報に基づいて、真っ先に自分の命を守る行動をお願いします。

避難所では

手洗い、咳エチケットなどの基本的な感染症対策を徹底する

避難所内では頻繁に手洗いをするとともに、咳エチケットなどの基本的な感染症対策を徹底しましょう。体調がすぐれないときには、避難所運営管理者へ申し出てください。

この記事に関するお問い合わせ先

碧南市役所 市民協働部 防災課

  • 防災計画係 電話番号 (0566)95-9874
  • 地域防災係 電話番号 (0566)95-9875

市民協働部 防災課にメールを送る

更新日:2020年06月09日